身近な植物の植物標本

なぜ身近な雑草なのか?

兵庫県立淡路景観園芸学校で「野生植物の標本作成100種」というものがあった。

身の回りの植物を採取し、図鑑で名前を調べて標本にしていくのだけど、採取した植物の名前を探し当てる。これがとてもとても大変。

葉、花、根いろんな特徴を図鑑に照らし合わせて、ようやく名前の特定ができる。

今までは雑草とひとくくりにしていた植物にも

きちんと名前があるのだと、当たり前だけど気づかされたのだ。

それからは、何てことなかった身近な風景が違って見える。

道ばたの雑草ではなく、ノボロギクであったり、ハハコグサ、オニタビラコニ、カラスノエンドウ。

世界がとても広がった。

この体験を皆さんと共有したくて、身近な植物に限定した標本フレームを作ることにしたのです。